好きな世界を描く|声優になるにはどうすればいいのか悩むあなたを全力で応援
勉強

声優になるにはどうすればいいのか悩むあなたを全力で応援

好きな世界を描く

漫画

マンガ家は実力主義の世界であり、就職に学歴は必要ありません。できるだけ早く働き始めたい方であれば高校デビューを目指すと良いでしょう。高校生がマンガ家を目指す場合、自分の方向性とあう雑誌に作品を投稿します。高校の段階で通学と仕事を両立させたい場合は週刊誌ではなく月刊誌を選択しましょう。また中には雑誌への投稿ではなく、インターネット経由でマンガの仕事を得る高校生の方もおられます。この場合、いくつかのSNSに登録して自分の作品をアップしましょう。多くの人達から評価してもらえれば、出版社から連絡を得られるのです。この場合、SNS上に仕事を募集している旨を明記することも大切です。また通っている高校によってはアルバイトや仕事を許可していないこともありますので、事前の確認が欠かせません。

マンガは多くの人達にとって身近なエンターテインメントですが、自分で描くためには専門的な技術が必要です。例えば作画にはGペンや丸ペンなど特殊なペンを用いる必要があるため、高校時代から描いて技術を磨きましょう。こうしたペンの使い方を教えてくれる通信講座もありますので、高校に通いながら勉強する上で便利です。また高校にマンガ専攻学科がある場合は、そこで教師や先生に作画技術を教えてもらえるのです。そうすれば、高校を卒業して専門学校に行くという流れではなく、高校時代に基礎が学べるので、早くマンガ家になることも出来るかもしれません。基本的な国語や数学などの勉強も同時に行なえる高校がほとんどなので、もし既にマンガ家になりたいと考えるのであれば、専門的に学科を設けているところを探してみましょう。